フード

京ばし「松輪」で夏を食す。

あまりにも有名な京橋の「松輪」さん。先日、お客様との会食で居心地の好い時間を過ごさせていただきました。
昼間のランチ時間帯は、アジフライ定食を求めるお客様で行列ができ、時間前に完売してしてしまうというあのお店です。

今回は、仕事の会議を兼ねた夜の会食での利用。事前にメニューは無く、「お任せ」コース。
地産地消が、お店・マスターの方針ですので、今の季節にどんなお料理をいただけるのか、入る前から楽しみでした。

いただいたお食事は、「魚」料理のオンパレード。調理方法全てと言っても過言でないくらい魚料理を堪能できます。
・突き出しに、サザエ、冬瓜
・お刺身は、カツオ(腹)、カツオ(背)、平貝、まだこ、ひらまさ、さわら、インドマグロ
・さわらの塩焼き
・途中ででる箸休め (ごめんなさい。失念・・・)
・もちろん の、アジフライ(骨のフライも当然付きます。)
・ふっこ の兜煮
・最後は、定番のシラスの釜揚げご飯と椀

仕事の会話が忙しく ←嘘、です。訂正、美味しくいただくのに忙しく、一品一品のお写真を撮り忘れました。残念!!。
お客様が、大のアジフライ好きということで、「肉厚でフワフワの身が纏う薄手の衣、そして添えられた大根おろしをたっぷり乗せて、アクセントの山葵」を大変喜んでいただけました。
私と言えば、新たな発見が「さわら」の刺身、そして、「ふっこ」(「すずき」の子供)の兜煮。どちらの初体験のお味ながら、あっさりしつつ、しっかりした身は、とても美味しかったです。

そして、いただいたお酒は、「楔」(いも焼酎)。あまり流通も多くない銘柄のようですが、スッキリとした飲みごたえに、お客様も喜んでいただき、ボトルに余った分は、お持ち帰りいただきました。

地下一階という、一見さんにはなかなか敷居が高そうですが、入ってしまえば、各席は余裕のある造りで他グループの会話も気にならず、程よいライティングの暗さでビジネスの会話よし、プライベートの会話良し、の空間です。そして、マスタを始めとしたスタッフの心地よく親切な接客姿勢。
「常連さん」になりたいお店です。

京ばし「松輪」さん、ぐるなび は、こちら から。
京ばし「松輪」さん、食べログ は、こちら から。
「楔」を造る「大海酒造」さんのサイトは、 こちら から。

「楔」の購入なら、こちらからが便利です。

楔 720ml 【芋焼酎/大海酒造/くさび】

価格:1,350円
(2018/8/19 14:54時点)
感想(0件)

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 木本硝子×竹の露酒造:日本酒グラスの違いによるテイスティングセミナー

  2. 日本料理「荏原」での梅雨払い

  3. 秋の味覚も京ばし「松輪」にて。

  4. 「京菓匠 高野屋貞広」で春を楽しむ。

  5. ハトムギってすごい

  6. 「出雲坂根屋」の涼菓

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP