フード

三五八で簡単お手軽に美味しくお漬物を

先日、東北物産展で購入した「三五八」。
簡単に野菜を漬けられるよ~とすすめられて購入しました!

作り方など記載がないので、調べてみると、簡単 簡単。

ぬか漬けのように毎日かき混ぜる必要もなく、購入して直ぐに使えます!

三五八の名前の由来は、塩3・米麹5・米8から と言うシンプルなネーミングにも惹かれました!
発酵食品が身体に良い!と言われますが、なかなか摂取するのも難しい…

ぬか漬けよりクセなく、優しい甘さのある漬物になります。
お肉やお魚にまぶして少し置くと身が柔らかくなります。。

是非、お試し下さい!

麹には30種類もの酵素が含まれており、
食物の栄養を分解して消化・吸収を助ける働きがあります。
その他には、ビタミン類を生成する働きや、
脂肪の代謝を促進、
美肌効果、
腸内環境を整える、
免疫力アップ、
など身体に良い効果がたくさんあります。

三五八 500gに対して水100ccを混ぜれば麹床が出来ます。
そこに野菜を漬けるだけ!
野菜の表面が隠れるように漬けます。
ぬか床のように毎日かき混ぜる必要はありません👍

一人暮らしの方には、小さなタッパーに三五八100gと水20ccなど少しの麹床を作って使う事も出来ます。
夏場は冷蔵庫保存を。

始めは馴染むまで塩味を強く感じるので、短めに漬けるか、塩抜きしたりおろし生姜と混ぜると良いです。
野菜から水分が出るので、水分が出てきたら、清潔なガーゼハンカチで水分を吸い取ります。
麹床は減っていきますので、少なくなったら、三五八を足して下さい。
塩気が少なくなったらお塩も足します。

麹床を作らなくても、ジップロックに刻んだ野菜を入れて、三五八を入れて揉み込むだけでも漬かります!
キュウリ1本に対して三五八大さじ3杯位が目安です。
野菜から水分が出てくるので、水は入れなくてよいです。
この場合も8時間~10時間で漬かります✨

季節によって漬ける時間は異なりますが、夜漬けて、朝食べられます✨
大根や人参など身の詰まった野菜の方が美味しいです。
キュウリは、水分の多い野菜なので、発酵が早く柔らかくなりやすいです。
オススメはゆで卵!
ゆで卵を漬けるだけですが、煮卵のように中まで味が染みて美味しいです💕

麹漬けの特徴は、まろやかな甘みがある事!優しい味の漬物が出来ます。

取り出した野菜は、洗って食べるか、麹を残したい方は、少し拭って食べて下さい。
その他、魚や肉に三五八をふりかけてラップでくるみ1時間程置いてから調理すると身が柔らかくなります!

こんな記事も参考になりますよ。一緒にご覧ください。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. ゆば庄の湯葉

  2. 「食べるオリーブオイル」は、いかがですか

  3. 小青柑 ~柑橘に入ったプーアル茶~

  4. 「京菓匠 高野屋貞広」で春を楽しむ。

  5. 「出雲坂根屋」の和菓子

  6. 日本料理「荏原」で立春を食す

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP