アート

GALLERY NENOHOSHI DAIKANYAMAと藤内紗恵子さんのカップ

東京代官山にある「GALLERY NENOHOSHI DAIKANYAMA」さんで、2019年1月25日(金)~3月2日(土)まで開催されていた

「つくるひと×つかうひと×みるひと展 2019」

に、最終日ですが、お邪魔してきました。お目当ては、陶芸作家 藤内紗恵子さんの作品。
彼女の創り出す「青」「緑」が大好きなのです。

最大のお目当てだった「カップ」は、ラス1でした。展示期間中、追加製作分もあったそうなのですが、
すべて売れてしまったとのこと。自分のお目当ての作品に人気があることは、嬉しい限りです。

そして「貫入」(※)ゆえのオリジナリティ。
1つ1つが異なった顔を持つ作品たちは、購入したものにたいしての愛着を増大させます。

また、あわせて購入した「蕎麦ちょこ」も素敵な色合い。

青(ブルー)は、とかく冷たいイメージをいただきがちなのですが、
藤内さんの作品は、その素地の色(白~ベージュ系)とうまく組み合わされているのか、「温かさ」を感じます
そして、それが親近感を呼ぶので、「日常使い」にぴったり。

白州正子さんの追及されていた「日常の中の美」の範疇に到達されている作品ばかりだと思います。

白洲正子“ほんもの”の生活 (とんぼの本)

新品価格
¥1,620から
(2019/3/4 20:45時点)

一緒に展示されていたターコイズブルーの「平皿」も、実はお気に入りの一品。
大切に使わせていただいてます。

平皿については、紹介記事を執筆しておりますので、宜しければ、 こちら をご覧ください。

(※)
貫乳,開片ともいう。素地と釉 (うわぐすり) の膨張率の差などによって,陶磁器の釉に細かいひびの入った状態をいう。
コトバンク より)

「カップ」は、オンラインでも、こちら で販売されています。素敵な写真と、解説がお勧めです。
残念ながら、現在は、SOL OUT 。ファンとしては、嬉しいような、残念のような。。。。
再販を期待しています。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 創香家・香司 今井麻美子先生の出店にお邪魔しました。

  2. 「利休に想いを寄せて」本田ルミ

  3. 吉田絢乃展 「積層する人」

  4. 花ことば

  5. 「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」東京ステーションギャラリー

  6. 「Hard Rock Cafe KYOTO」は、粋な空間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP