ホテル

「the rescape」宮古島の隠れ家(Hideaway)

宮古島空港に着くと、既に送迎のタクシーが迎えてくれます。(事前予約の案内をいただいて、事前に予約
車で20分ほど、市街地やサトウキビ畑の間、そして海岸沿いを走ります。
宮古島初上陸者の我々には、それだけでも心がウキウキしてきます。

色々なモノが届くそうです。逆に日本からのモノは、ハワイに多く届くのだとか。
1日に何回も何回も交代で改修作業をされているとか。ありがとうございます。

その中でも、印象的だったのが、海外からの届きモノ(漂着物。主に台湾方面が多いそうです)を回収し、自然保護を維持するスタッフさん。

昼食を済まして、いよいよチェックイン。
コテージタイプなので、プライベート感がいっぱい。別荘に来ている感じです。

各コテージ、建物の色調は白、そこにブラウン系で統一された家具などと、水回りの白が、落ち着いた雰囲気を作り出してくれています。

各コテージもベランダには、ビーチチェアと小さいながらのプライベートプール。
自分のコテージから出る事なく、一日を過ごすことも可能です。

食事は、ホテルにあるレストランで、朝食・昼食・夕食も。いずれも美味しくいただけました。

滞在型が基本コンセプトのホテル。
朝は、ヨガコース。昼は、海でのカヤックやSUPコース。夜は、焚火を囲んだマシュマロナイトなどなど体験型イベントもいっぱい。

ラウンジバーでは、サトウキビを絞ってサトウキビジュースを作る体験も。
いただいたサトウキビジュースは、自然の甘さいっぱい。原液で飲むのはもったいないくらい。次の機会では、何かで割って飲んでみたいと思います。

また、サンライズ・サンセット・星空のフォトツアーもありました。(天気が悪くて催行されず・・・残念。)

それでも、参加した半日フォトツアーでは、宮古島の絶景スポットをツアーガイドのKentaroさんに案内していただき、
素敵な写真もいただけました。

KentaroさんのLineアカウントは、「Kentaro」。 インスタグラムは、こちら と こちら
上記アカウントから、オーダーメイドのフォト―ツアーやマリン体験コースのご予約可能です。

3日間という短い期間でしたが、自然と共にする充実した時間を過ごせました。
フロント(コンシェルジェ)、レストラン、バックヤード、全てのスタッフの高いホスピタリティーは、長く滞在しても心地よく過ごせる最大の秘訣なのでしょう。
また、訪問させていただきたいと思いますし、できれば、定宿に!!、と思わせてくれるホテルでした。
ありがとうございます。

「the rescape」の公式サイトは、 こちら です。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 木本硝子×宮坂醸造(真澄):日本酒グラスの違いによるテイスティングセミ…

  2. NOHGA HOTEL UENO 再び

  3. 木本硝子×成龍酒造:日本酒グラスの違いによるテイスティングセミナー

  4. 木本硝子×松井酒造店:日本酒グラスの違いによるテイスティングセミナー

  5. 2020年のお正月は「NOHGA HOTEL UENO TOKYO」で…

  6. 「ourour」。浅草橋の快適な居場所。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP