フード

木本硝子×石川酒造:日本酒グラスの違いによるテイスティングセミナー

NOHGAホテルフロントロビーにある「Bistro NOHGA」での特別メニューをいただきながらの日本酒、グラスセミナー。
料理、お酒、グラス、そして素敵な場(雰囲気)、と四拍子そろった最高の設定です。

居心地のよいホテルとしてお気に入りのNOHGAホテルが「UENO EXPEARIENCE」として定期的に企画・開催されているワークショップの1つ。
こちらもお気に入りの平杯をお創りの「木本硝子」さん、東京で3つしかない酒蔵のうちの1つ「石川酒造」さん

「ワイングラスはあるのに、なぜ日本酒グラスはないのか。」、確かに。

今回は、6種類の日本酒を、5つのグラスを使って試飲。
私にも、他の方にも、好み、はありますが、共通していることは、
日本酒もお米、麹、水、造り方で、全く味が変わるという事

そしてそして
同じ日本酒でも、グラスの形態によって、飲み口、感じる味覚(風味)などが全く異なるという事、
まずは、それを実体験できることが大変勉強になりました。

「石川酒造」さんは、「料理によりそうお酒であること」をモットーにお酒造りをされている酒蔵さん。
今回は、石川酒造の杜氏である前迫 晃一さんが講師として招かれており、普段聞けない「作る現場」のお話を聞くことができました。

例えば、杜氏の系統(流派)があるってご存知でしたか?
日本には20くらいの流派があり、前迫さんは「南部流」とのこと。その特徴は、濃厚・香り華やか・甘い、こと。
能登の杜氏は、山廃仕込が得意。

そして、おいしいお酒に出会ったとき、
次に生かすには・・・
・生産された県を覚えておくこと。
お酒の基本である「水」が同じだから。
・杜氏の流派を覚えておくこと。
(問い合わせれば教えてくれるようです。)
これを意識すれば、
おいしいお酒との出会いの確率が高まります。

いただいたお酒の一覧は、以下の通り。「石川酒造」さんの解説付きです。

「石川酒造」さんは、前迫さんが杜氏になって4年目。
作るお酒の内容やコンセプト(「お酒の設計」と仰ってました)をがらりと変えてしまったそうです。
そんなチャレンジをしながらも、「料理によりそうお酒であること」は、守り続ける職人魂を感じました。

酒蔵の見学や、食事、直売もできる「本店」が福生市(米軍横田基地のそば)にあるそうです。

一度行ってみたいですね~。

食事も、もちろん堪能しました。
毎回毎回、ベストが更新されていくシェフ渾身の作ばかり。
メニューと共に、目でお楽しみください。

全ての料理が、本日の個々のお酒に合わせて決められたもの。
美味しくないわけがないです。
お酒、グラス、料理、場の雰囲気、四拍子そろった
最高に居心地の良い時を過ごせました。

そして、最後に嬉しいのが、お土産にいただくNOHGAホテルオリジナルの木本硝子「平杯」
薄くて、軽い造りは、日本酒を注ぐだけでなく、ちょっとしたお菓子の飾りつけにもぴったりのお気に入りです。

今後も2ヶ月に1回の頻度で開催されるとの事。
継続参加して、「違いがわかる」日本酒とグラスを選択できるようになれれば、と思います。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 日本料理「荏原」で香箱蟹を堪能

  2. HIGASHIYA「ひと口果子」

  3. デカダンス ドュ ショコラ(Decadence du Chocolat…

  4. 御宿「風月無辺」で時を忘れて。

  5. 鶴屋寿「嵐山さ久ら餅」は白。

  6. 秋の味覚も京ばし「松輪」にて。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP