フード

秋の味覚も京ばし「松輪」にて。

夏の味覚を共に楽しんだお客様のリクエストもあり、新たなお連れ様との会食。

結論

秋の味覚も、やっぱり美味しくいただきました。
新たにご紹介させていただいたお客様にも満足いただけました。ありがとうございました。
(ちょっと、ボリュームは、多かったみたいです・・・)

事前にメニューは無く、「お任せ」コース。
地産地消が、お店・マスターの方針ですので、秋のこの季節にどんなお料理をいただけるのか、入る前から楽しみでした。
いただいたお食事は、やはり「魚」料理のオンパレード。調理方法全てと言っても過言でないくらい魚料理を堪能できます。今回は、しっかり写真を撮らせていただきました。

そして、今回は、3人でカウンター席だった(※)のですが、大将からのお話で印象的だったのが、
カウンター席に3人並ぶことになった場合のお刺身盛り合わせ用のオリジナル(特注)のお皿、でした。
幅は広く、奥行きは、カウンタの奥行きを意識した狭くした作り。他の料理をいただきながら、お刺身皿を並べても、不自由なく所作できる計算された作りに感心しました。

(※)
夏にお伺いした時は、土曜日の為、お客様もまばらだったのですが、流石にビジネス街に近い京橋。
平日のディナータイムは、ビジネスパーソンが、お仕事(会食、会合)で、業後に気の置けない仲間との楽しい時間で、と満席の状態が続いていました。

今回新たにお連れしたお客様も、大のアジフライ好き。
「可能な限り、アジそのものの味を楽しむ」為に、まずはアジフライをそのままいただきながら、
「肉厚でフワフワの身が纏う薄手の衣、そして添えられた大根おろしをたっぷり乗せて、アクセントの山葵」
も同時に体験していただき、大変喜んでいただけました。

そして、いただいたお酒は、今回も、「楔」(いも焼酎)。
あまり流通も多くない銘柄のようですが、スッキリとした飲みごたえに、お客様も喜んでいただき、ボトルに余った分は、お持ち帰りいただきました。

地下1階という、一見さんにはなかなか敷居が高そうですが、入ってしまえば、各席は余裕のある造りで他グループの会話も気にならず、程よいライティングの暗さでビジネスの会話よし、プライベートの会話良し、の空間です。
そして、マスタを始めとしたスタッフの心地よく親切な接客姿勢。「常連さん」になりたいお店です。

京ばし「松輪」さん、ぐるなび は、こちらから
https://r.gnavi.co.jp/rx49r7s50000/

京ばし「松輪」さん、食べログ は、こちらから
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13014384/

「楔」を造る「大海酒造」さんのサイトは、 こちら から。
http://www.taikai.or.jp/index.html

「楔」の購入なら、こちらからが便利です。

楔 1800ml 【芋焼酎/大海酒造/くさび】

価格:2,570円
(2018/11/12 23:07時点)
感想(2件)

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. HIGASHIYA で、春を満喫

  2. ゆば庄の湯葉

  3. 京ばし「松輪」で夏を食す。

  4. 柔らかくて、しっとりしていて、凄く美味しい。ドライいちじく。

  5. 「ジャム工房 狐の香り」 ネーブルオレンジマーマレードで朝のひと時を心…

  6. 緑寿庵清水の金平糖 山田平安堂の菓子入れと共に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP