映画/音楽

能楽師探偵 月城奏人の心得

ちょっとはまっている「応天の門」の最新刊を購入中、目について手に取った一冊。

能楽とミステリーの組み合わせが、まずは、目新しいですね。
ファン(というか、オタクというか、ストーカーに近い)の男性(ルイ。紫星流星)を使い、自らは稽古場から出ずに事件を解決するという「安楽椅子探偵」(Armchair Detective)スタイル

決めセリフは、「その謎。心得ました。」

個々のストーリーとは別に、フランスから来たのに日本人のルイの出自、主人公月城奏人と父親・叔父・祖父といった能楽家一門家族との葛藤など、大きな流れはこれから進んでいきそうです。

お能の演目をお題に短編ミステリーが前後編の2回完結の形式。お能への造詣が深くない素人(私のような)には、ストーリーを楽しみながら、雑学的な知識を得るのにちょうどよいレベル。
(ネット上の書評を見ると、お能に詳しい方には物足りない、違う、等といったものもあるようです。)

気楽に楽しみながら、お能の雰囲気を垣間見るこのシリーズ、今後も期待したいです。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 不滅の恋

  2. 「SKY HIGH」(スカイハイ) by Jigzaw

  3. The Rose

  4. 「応天の門」で平安の京にタイムスリップ

  5. 陰翳礼賛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP