自己啓発

会う人すべてがあなたのファンになる一流の魅せ方

先日、セミナーに参加しました。セミナーのタイトルが、本日のブログのタイトルです。講師は、鈴鹿久美子先生。元国会議員の政策秘書をされていた方で、現在は、議員秘書の人材紹介に加え、議員秘書養成・自治体の政策アドバイザ・政治家のコンサルティングの他、立候補者のブランディングで全国を飛び回る、日本で唯一の女性選挙戦略家です。通称「勝たせ屋」と呼ばれている方です。「勝たせ屋」、「選挙は民主的な殺し合い」というような言葉が事前配布された資料に並んでおり、どんな恐い方かと戦々恐々としていましたが、実際は親しみを感じる振る舞い、分かりやすい話し方(声のとおり)とその内容でした。(それが、「腕」だと思います。)

とても為になるお話しが多かった中、以下のお話が特に印象に残りました。

〇ご自身がフルサービスで「勝たせ屋」を面倒見きれるのは3人までであること。
基本のやり方はあっても、個々人に本気で真摯に対応するために制限を設けているということ。

「勝つ人」の共通項として、
①客観的な自分の姿が見えている、②素直な努力家である、③一流の3要素である、清潔感・信頼感・安定感を持っている
こと。それぞれについて、どれもうなずくような実例を交えてお話いただきました。下記でご紹介している著作では、実名を挙げてご紹介くださっている部分もありますので、ぜひご一読ください。
「安定感」に関しては、色の流行についての言及もあります。数年前に業界によって「作られる」色を追いかけるのではなく、自身の理想に向かってよりよい色を選択し、使い続けるというものです。

「客観的な自分の姿が見えている」に関して
素の自分自身を知り、理想の自分の姿を決め、素と理想とのギャップを埋める為の努力をする。「素の自分自身」とは、スリーサイズから始まって、自分の得意なことも、コンプレックスも。「モノは点が高ければ高いほど売れるけど、人はプラスマイナスで100点が良い」。あらためて、自己探求の重要性を気づかせていただきました。

〇そして、「人は見た目が100%」
最初に言われると、嫌な印象を持ちがちですが、理想の自分を創り、それを知ってもらえるような「魅せ方」をすることが大事だと思えば、納得です。そしてその一環として、自分にとってマイナスな色群を避けて、「コアカラー」を確立し、使い続ける。(先ほどのお話に繋がります。)。

セミナーの最後では、笑うときの歯を見せる本数、握手の仕方と立ち位置など、実践的なお話も聞くことができました。
自己の理想に向かって進み、そしてその結果、心地よい気持ちに達成するに、とても有益なセミナーでした。

鈴鹿久美子先生の書籍 「会う人すべてがあなたのファンになる一流の魅せ方」。

会う人すべてがあなたのファンになる一流の魅せ方 [ 鈴鹿久美子 ]

価格:1,512円
(2018/7/24 22:28時点)
感想(1件)


鈴鹿久美子先生のオフィシャルブログは、こちらから。
代表を務める「株式会社インスタイル」のサイトは、こちらから。

関連記事

  1. 白洲正子「たしなみについて」

  2. DON’T JUST BE HAPPY, DO HAPPY…

  3. 「PAMTHAR Up Grade !!」研修レポート(第2回)大人の…

  4. 「PAMTHAR Up Grade !!」研修レポート(第4回)大人の…

  5. 結婚の学校 in 川越

  6. 「PAMTHAR Up Grade !!」研修レポート(最終回)大人の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calendar

2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

関連サイトはこちら


株式会社プルモデラ

 

PAGE TOP